考える葦の足跡

教育やその他趣味雑事、人生全般についての考え事記録

映画「バーレスク」

バーレスクといえば、

クリスティーアギレラ出演の、

あのバーレスク

 

 

 

と思いきや

f:id:ayapopopo2:20210303073458j:image

 

こんなバーレスクもあった!!

 

自分に自信のない女性

厭世観の強い人にぜひ観て欲しい!!

 

「女性はみんな、どんな体型でも美しい」

着飾って美しくなる姿を見てると

どんな体型か、ではなく

どんな表情で、メイクで、服でいるのか

それがその人の魅力を引き出すんだなと感じさせられる。

 

 

「アイ フィール プリティ」

プラダを着た悪魔

もすごく好きな映画。

 

こういう映画って

自信を失いかけた女性にぴったりよねー…

 

 

 

ときどき

ネガティブなことを言ってくる人

ネガティブな考え方の人

がいたり

過去に言われたネガティブな事

を思い出したりして

 

前向きな人生が遠のく。

 

でも、それは本当にもったいない!

 

時々、自分のことを

「オバサン」呼ばわりする人

私達「オバサン」だもんねって言ってくる人がいるけど

やめてほしい。笑

 

「オバサン」て言い出した瞬間から

オバサンになるし

歳を重ねてマイナス方向にいく人生なんて

まっぴら御免。

 

 

好きなアイドルや俳優の話をしてて

「こんな人に出会いたいな〜」

って言っても

「現実にこんな人、いるわけないですよ」

って釘を刺す人。

 

なんなんやろ??

ネガティブな言葉で釘を刺されると

自分の人生の扉や可能性まで

閉ざされた気がする。

 

「できるわけない」

「現実ではあり得ない」

そんな思考がそんな現実を

引き寄せる。

 

 

「自分の顔が嫌い」

「可愛い人はいいなぁ、すぐ結婚できて」

 

っていう知り合いがいるけど

そう思う中身の方が可愛くないと思ってしまう。

 

 

可愛いから結婚出来るんじゃなくて

自分を可愛いと思って自信をもつところからじゃない?

それに

可愛いからモテる、人より可愛いから愛される

ってのがそもそも違う気がする。

 

日本は謙遜する人多いけど

わたしは自分が好きだし

自分自身であることに満足して生きたい。

自分を認めて肯定してあげたいなー。