考える葦の足跡

教育やその他趣味雑事、人生全般についての考え事記録

宮古島&沖縄旅🌺その2

前回の記事は旅の反省だったので

今回は旅を通じてよかった点について✨

 

①温度調節バッチリ〇(服)

 

沖縄もそうだし、飛行機の中もそうだし、

とにかく寒暖の差が激しい。

沖縄の気候は雨か晴れかによって大きく気温も変わる。

だからとにかく、着脱のしやすい服を着ていくことがオススメ!

 

今回持って行った(着ていった)のは

関空発スタイル

ヒートテック(エクストラウオーム)、

裏地ボアのフード付きパーカ

モコモコの上着(裏地なし)

ロンスカ(中にロングのペチコート)

靴下

UGGの内側がボアのモカシン

 

こんな感じでした。

 

☆沖縄スタイル

ブラトップ

半袖Tシャツ

羽織用シャツ

スカート(着てきたのと同じ)

ときどき上からパーカーを羽織る

 

こんな感じでいけた。

両方スニーカーが◎(次からそうしよう)

 

 

②自分で探したうどん屋さんが大当たり

 

仕事でいったので、職場の男性二人と一緒やったけど

最終日は一人時間があったから、一人でうどん屋さんへ✨

 

 

これが大当たり。

本格讃岐うどんを提供してるお店で、

店主の女性が香川出身。

 

こじんまりした居酒屋スタイルのお店で、

うどんも安くてモチモチ、つるつる、シコシコ✨

 

f:id:ayapopopo2:20210326150043j:image
f:id:ayapopopo2:20210326150038j:image

 

 

 

びっくり!!

 

 

うどんだけやなくて

居酒屋メニューの一般料理もたくさん。

気さくなお店の方でたのしい。

 

そしてカウンターでしっぽり飲みながら喋っていた地元のお客さんと仲良しになった。

 

そのお店は県庁と県警(沖縄)の前にあるお店で

常連のお2人はおそらくどちらかにお勤めの様子やった。

 

うちのお父さんくらいの年齢で、

娘さんが私の3つ上でしかも幼稚園の先生らしい。

 

知らん人とそうやって飲み屋さんで仲良くなるって

いいな~と思った✨

たのしかった~!!

 

ビール一杯ごちそうになった🍻🎵

 

 

 

来年修学旅行本番で行ったとき、

もっかい会いましょう!ってお別れした。

 

こういうのが旅の醍醐味よなあ~~~

 

 

 

 

宮古島旅の反省🛬

旅の反省をメモっといて、次回同じことせんようにする!!

 

 

①スニーカーを忘れて、ビーサンで行ったこと。笑

 

スニーカーを職場に忘れて←ここが最大のミス。

(前日めっちゃ忙しくてへとへとで帰ったから忘れてた…。)

 

家にスニーカーなくて(この前コンバース捨てた)

UGGのモカシンを履いていった。(もこもこのやつ)

 

これがまず、ミス。

スニーカーなら暑くても寒くてもいけるのに・・・。

 

ほんで、去年の石垣旅行でビーサンやったし

いけるやろ♪と思って、

ビーサンを持って行ったことw←ミス

 

モカシンは暑いかな~と思って

でもサンダル持っていくのめんど。。。ってなって

ビーサン

さすがに3月末の石垣、街中の人でビーサンの人おらんかったわ…。笑

 

しかも一日目雨でめっちゃ寒かったし。

 

 

②栄養剤忘れた。

 

とにかく旅行中は、変な姿勢になったり同じ姿勢が続いて肩こりがひどい。

いっぱい食べるから口内炎もできるし。

アリナミンとかチョコラBB持っていけばよかった。

未だかつて出来たことのない場所に、口内炎ができとるw

 

 

口の中の右側の壁。笑

 

 

③マイ歯ブラシを忘れた。

 

ホテルの歯ブラシってでっかいし、

歯磨き粉も変な味するし磨けてる気がせん!!

 

マイ歯ブラシ・マイ歯磨き粉は必須やな・・・・・。

 

 

④ちっちゃいコテ忘れた

 

旅行用のちっちゃいコテ買うべき。(カールとストレート両方できるやつ)

やっぱ旅先でドライヤーだけやと髪型決まらへん。

 

 

⑤白のロングスカートで行った

 

雨やったから、植物園まわるときに泥が跳ねて

スカートがドット柄になった😢😢😢笑

 

白はあかんな…

 

 

こんなもんか。

あ、あと

 

⑥キャリーやめて肩掛けバッグでいったこと

 

キャリーを引くほうが、肩こりがない!!!

今めっちゃ肩こり。

キャリー邪魔かなと思ったけど、

邪魔やろうが何やろうがゴロゴロ引くほうが楽。

圧倒的体力の温存。これ必須!!

 

⑦ハンドクリーム忘れた

 

飛行機の中は乾燥!乾燥!!

手がカサカサになってしもた🤚💦

 

次はハンドクリーム忘れんとこ!

 

 

こんなもんかな♪

何回旅行行ってんねんて感じやけど…笑

旅マスターは中々遠い!!

次はしっかり対策しよう✨

 

宮古島🌺

 

宮古島いってきた~~!!

 

f:id:ayapopopo2:20210326092909j:image
f:id:ayapopopo2:20210326092914j:image

 

 

仕事やけど。笑

 

一年後に控える修学旅行に向けて、下見に🌴

 

 

正直、家族や仲のいい友達以外の人と旅行に行くのは緊張して気疲れするタイプ。笑

 

今回は同じ学年のオジサン(62)とちょい上の男性教員(35)と三人旅。

めっちゃ疲れたわほんま…。笑

 

旅行ってめっちゃ仲いい人とでも気を遣うやん?

もう仲良くもないし年代もバラバラやし、ほんまに気疲れすごかったわ。笑

 

昨晩(22:00)に関西に到着したけど、なんか体中痛いし、今!!

なに!?筋肉痛!?肩こりもやばい。

 

旅行中ずっと左目痙攣(ピクピク)しているし😢笑

口内炎できるし😢笑

 

愚痴ばっかもあかんのやけどさー…。笑

 

やっぱ旅行は、好きな人、家族、友達とに限るな♪←当たり前

 

 

 

 

 

なかなかのハードスケジュールで

お世話になるマリン体験の業者の方との打ち合わせ、

民泊の協会の方と打ち合わせ、

実際訪れる予定の場所を巡りまくりました。

 

 

実はわたしは、与論島石垣島には行ったことがあって

けっこう離島が好き。ていうか、海最高!!

 

f:id:ayapopopo2:20210326092937j:image

 

やっぱり景色がきれいやし、なんといっても自然に癒される。

 

今回行って思ったのは、雨やと中々楽しめないのが辛いなってところ。。。

雨やとほんま、どこのビーチも美しさが10%くらいになる😢笑

 

 

今回は1日目が雨、2日目が晴れやったから、

雨の場合の気分も味わえてよかった。雨の日対策考えよう。。

 

 

それにしても、

旅行中食べ過ぎた。

 

ホテルのビュッフェももちろん美味しい

行く先々で新鮮なお刺身やサーターアンダギーを出してくれて

1キロ増で帰宅。戻そ。笑

 

 

今回は、人生初のマングローブ林も見れて

なかなか感動した!!

f:id:ayapopopo2:20210326093028j:image

 

 

ここでカヌーしたら最高やろうなあ✨

 

 

また続き書きます😊

 

読書録

気が付くとあっという間に時間が過ぎてた。

 

 

最近読んだオススメの本を紹介します📖✨

 

f:id:ayapopopo2:20210322220238j:image

 

「ニューヨークの24時間」千葉敦子 著

 

実はこの本は、「日本人はやめる練習」が足りてない

という本の中で紹介されていて気になって、Amazonで取り寄せた本。

 

1964年生まれの女性ジャーナリストが、せわしない街ニューヨークでの生き方のヒントを綴ったエッセイ。

生き方のヒントというか、その、なんとも「粋」な生き様を綴った本。

 

「昭和の先駆け的、カッコイイ女の代表」の本、て感じ🎵

 

まじでカッコイイ。生き様が。

 

 

本の中でわたしのシビれた箇所を抜粋します。

 

 

 

「誰も、自分の人生の長さは知りません。

この世に生きている長さ。それを知る人はいないのです。

でも、誰でも、その長さに限りがあることは知っています。

人生が永遠ではないこと、いつかは必ず終わるものであることを知っています。

 

私たちが時間を気にし、時間を無駄にしたくないと感じるのは、そのためでしょう。

ですから、時間の使い方は、生き方の問題なのです。私たちは、ひとりひとり、その人らしい時間の使い方をすることによって、その人ならではの人生を生きることになります。」

そうして、やりたくもない仕事に就く人を以下のように言ってのけた。

 

「いずれにしても、自分に納得のゆかない仕事に就いていたり、本来の自分の能力とは関係のない仕事を選んでいる人に、上手な時間の使い方を教えることは誰にもできないと思うのです。

『家族を養わなければならないから』とか『いまの仕事はサラリー(給料)がいいから』といった口実で、自分の本当にやりたいことをやらないでいる人たちは、ものすごい時間のむだ使いをしているわけです。こういう人たちに、ちょこちょこと時間を節約するテクニックなどをお伝えしたところで、何の足しになりましょう。

『限りある人生』という時間の貴重さを認識しない人には、何をいってもむだです。」

 

ハッキリ言うね~~!!!笑

 

 

 

けど、真理を突いてる。

 

「でも、そんなに世の中、自分のやり甲斐のある仕事に心血を注げる幸せな人ばかりじゃないよ??」と思って不安になり読み進めると、このように書いてた↓

 

「もちろん、『夢中になれる仕事』は、狭い意味の職業である必要はありません。

自分を最もよく活かせるものが、『育児』であったり、『奉仕活動』であったり、あるいは『研究』であったりしても、ちっとも構いません。とにかく、自分の人生の中心に、自己を燃焼できるものを据えてからでなければ、時間の使い方について語り合うことはできないのです。」

 

 

 

この文を読んで、本当にシビれた。

心の底から!「あ、これやわ」ってなった。

(「めっちゃええこと言うやん」てなった、というだけです)

 

 

自己を燃焼させる…って

 

 

かっこよすぎるやろ!!!!

ひさびさの休日🌻

 

昨日まで仕事でした〜💦

つかれた😫

 

今日はたくさん眠れて最高😏

休みの日の布団の中がいちばん幸せ。

 

 

 

そういえばホワイトデーにお返しをもらった❣️

 

でっかいスパークリングワインを。

 

 

って、お酒🍾笑

 

 

 

そんな酒好きのイメージなん…。笑

 

 

今日はまったりしよ〜

自由な時間、サイコ〜🧚‍♂️🌷

 

 

泣いた疲れた

昨日ひっさびさに泣いた。

部屋で1人声を殺してひたすら泣いた。

 


クラスに不登校の子がいると

担任は毎日が気が気でない。

 


今日も来なかったらどうしよう

欠席日数が規定を超えたらどうしよう。

 

 

 

来たら、来なかったり

もうだめだと思ったら、来たり。

 


補習の予定を組んで

各教科の先生に頭下げて都合つけても

 


また休んで振り出し。

 

 

 

 


もーどうでもいいわ。

親に朝から連絡して、

先生たちに連絡して。

 

 

 

 


疲れた。

 


辛いなら辞めたらいいやん

辛いのに頑張らせることにも疲れた。

 

 

わたしの就活話

 

 

今日はわたしの就活話をしたいと思います😃

 

かれこれ8年前。

 

 

大阪の公立大学(当時の大阪市立大学。今度合併して名前が変わる。)3年生だった私は、周りの就活生とともに就職活動をスタートした。

 

学生時代にやったことといえば、

 

・アルバイト

セブンイレブンの早朝バイト→3か月でやめた。朝はやいのがきつかった。笑)

(ドラッグストアでの品出しとレジ→2年くらい続けた。職場環境はふつうだったけど、これ以上自分の成長が見込めないなと感じ、やめた。)

(飲食店ホール→ここでのバイトが一番自分にとって大きかった気がする。接客も楽しかったし、成長を感じられた。かなりミスしたし、最初は向いてないと思って大変だったけどw)

 

・サークル

(サッカーサークルのマネージャー。人手不足で知り合いの先輩から誘われ入った。サッカーはふつうだったけど、とにかく人が良かった。先輩たちがいい人ばかりで、面白い人たちで、惹かれて入った。もっとちゃんと働けばよかったな…。笑)

 

・卒業研究

村上春樹さんについて論文を書かせていただいた。今読んでも恥ずかしい、何が「研究だ」という内容。笑

真面目なのにそれほど根性もやる気もなかったし、「研究」というのがどういうものか全くわかっていなかった。

文学の研究は、時代背景や作者の生い立ちやら色々調べる必要があるが、私は作者の著書をすべて読むという課題に立ち向かうだけで精一杯で(笑)中身のうすっぺらい卒論を書いて卒業した。教授にはご迷惑をおかけしました。ちなみに教授は芥川の研究をされていた女性。とてもきれいな先生だったなあ。

 

 

 

これくらいしかない。勉強?

勉強なんてほとんど、していない。

今思えば、本当に志のない薄っぺらい学生だったなあ…。

入学当初は英語のクラスも成績順で一番上のクラスだったのに、

サークルにはまってからはすっかりさぼり癖遊び癖がついた。

けど、それまでの人生で「遊ぶ」とか「はめを外す」ということがなかった私にとって、

いろんなところに連れてってもらったり、

大阪のおしゃれなお店でご飯を食べさせてもらったり、

車で遠出したり、

合宿で遠方にいき5日間も仲間と過ごしたりする日々は、

本当に宝物みたいに楽しかった。

 

 

 

 

と、まあありふれた大学生ライフを送っていた。

かなりワガママで、かなり世間知らずで、友達でいてくれた周りの人たちには感謝しかない。😢

 

 

 

そこで突如始まった就活。

 

 

社会のことなんて何もわからない。

なにも興味もなかった。

どんな会社があるのか、業種があるのか、業界のことも、職種のこともなにもわかってなかった。

 

 

 

 

そんな私が周囲の優秀な同級生の勢いに圧倒され、

「とにかくなんかせな!」と就活を始めた。。。

 

 

 

結論をいえば、

 

唯一興味をもったのが「広告業界」だった。

その中でも一番興味のあった「百貨店広告」を専門に扱う会社の

最終面接で落ち、

唯一の内定を得ていた「地銀」に入るか悩んでいたところ、

 

 

 

教育実習で教師の仕事に「これだ!!」と感じて、教員採用試験を受け、合格した。

 

そこから私は民間企業に一度も入社していない。

 

だから私の話は参考にならないかもしれないけど、まだ興味のある方はお読みください。

 


 

 

モノづくりもインフラも、金融も興味がなかった。

というか、「なにしてんのか、イマイチわからん。」てのが本音。

メーカーや商社はなんとなくわかるけど、金融とは・・・?と思っていた。

 

そんな私がやみくもに会社を受けても、通るはずがない。

 

 

そしてやたらと「自己分析」と言われてやるものの、

自分なんてよくわからなかった。

 

 

どんなことに興味があり、どんなことが得意なのか。

そのとき分析した私の性格は以下の通り。

 

 

 

・独立心が強い(=いわゆるワガママかもしれんけど)

・自由を愛する(=束縛や指示が嫌い)

・自分が「価値がある」と心底思えることしかできない。

・権威や権力が嫌い。

・人と話す、人と関わることが好き。

・コミュニケーション能力はそこそこある。

・絵やイラストや美しいものが好き。

・体力はない。

・上昇志向ではある。(一応)

・競争きらい

・追い込まれるとダメになる

 

 

 

 

そして最後が重要。

 

利益のために動くことができない。

人の役に立つ、人のためになる、

奉仕というか他者貢献のためしか動けない。

 

これは大きな決め手だったと思う。

 

 

そうだよ。

企業ってだいたい、「人にこき使われて指示される」

しかも「利潤追求」が最たる目的。

 

(もちろん、社会貢献を通じて得る利益が収益だという会社も多いとは思います)

 

 

いや、私無理やん。

 

たぶん利益のために動けないんだよ。

会社のために生きれないんだよ。

上司のためにも生きれない。

 

「これやって誰か笑顔になるか、誰か役に立つか、誰か感動するか」

これが私のモチベーションだった。

 

しかもそれを

「私の色が出せるやり方」で実現したかった。

 

 

そう思ったときに、それって教師だったんだよね。

当時のわたしにとって…。

 

 

 

ちょっと長くなったので、次回続きをお話しします。